採用まで 関連記事フラグ

履歴書の書き方

更新日:

■履歴書の書き方

第二新卒だからと言って、履歴書の書き方が変わる事はありません。
コンビニエンスストアなどに売っている履歴書を買ってきて記入しましょう。

今回は、履歴書作成にあたって、下記の疑問とテクニックを紹介します。

・履歴書は手書きでなければならないのか?
・どんな資格を書けば良いのか
・履歴書は書かなければならないのか

についてを記述しようと思います。

根本的な履歴書の中身については、私の場合エージェントを利用しました。
中身に書き方に自信がない人は、リクルートエージェントなどのエージェントに相談し、
自分に合ったPR方法のレクチャーして貰う事をおすすめします。
どのエージェントに相談し、
自分に合ったPR方法のレクチャーして貰う事をおすすめします。
詳しくは、エージェントを利用するに記述してありますので、ここでは割愛します。

リクルートエージェント

■手書き履歴書のコツ

履歴書の作成は、とっても手間です。
手書きの履歴書作成する際、下記に注意してください。

・間違えてはいけない(修正液・二重線はなるべくさける)
・印鑑がずれないように or にじまないようにする
・西暦や元号はどちらかに統一する。(元号表記が無難?)
・記入日が抜けないようにする
・写真はしっかりのり付ける

これらの事に気をつけて履歴書を書く必要があります。
間違いの可能性を減らすため、

例えば以下のような、
記述項目が少ない履歴書を私はお勧めします。

履歴書用紙 A4 4枚

履歴書のテンプレートが指定されることは、滅多にありません。
履歴書記入の時間短縮にもつながります。

続いて、簡単な間違いを減らすために、まず履歴書の見本から作成しましょう。

■履歴書Maker

で、履歴書を作成してみてください。
この履歴書Makerでは、様々な履歴書のテンプレートに沿った記述ができます。
自分が購入した履歴書に合わせて、履歴書の見本をつくって見てください。

それをプリントアウトしましょう。
これで、自分の学歴や社歴の元号表記なども間違えずらくなります。

志望動機の部分は、なるべくその会社に合ったPRを入れると効果的です。
ウェブサイトの会社概要でコーポレートスローガンなどを確認し、
その会社特有のものを志望動機を入れましょう。

■履歴書は手書きじゃなきゃダメ?

結論から言うと、
履歴書はなるべく手書きで書きましょう!

なぜかと言うと、現在の就職・転職で、
履歴書は手書きという文化のようなものがあります。
(私はそう感じています。)

会社にもよりますが、
手書きの履歴書を要求する古風な会社も存在します。
また、人事担当者の中には、
手書きで人の性格を予測する方もいるそうです。

ただし、時間に余裕がない方などは、
パソコンで作っても大きな問題はありません。
パソコンで作った履歴書を持って行き、
内定を頂いた方はたくさんいます。

では、なぜ手書きを薦めるのか・・・
それは、

手書きで印象が悪くなることはありませんので、
手書きで書く方が無難です

しかし、手書きならば・・・と思って、雑に書いてもいけません。

雑に履歴書を作るくらいなら、
パソコンで作成してしまった方が良いです。

字が下手だ。という方もいらっしゃると思いますが、
丁寧に書けば、丁寧な雰囲気がある履歴書ができあがります。
気持ちを込めて、採用担当者へ提出しましょう。

■履歴書に書く資格

資格をたくさん持っていると書く資格に困る事があります。

専門的、またはメジャーな資格以外、
書かなくても差し支えありません。

私は特に専門学校卒業生だったため、
とりあえず取らされた資格がたくさんありました。
細かい資格まで記入していると、
履歴書の枠に入らない場合もありますし、何より見てもらえません。

誰もが知っているメジャーな資格だけを記入しました。
私が記入したのは、

・日本商工会議所 簿記検定二級
・基本情報処理技術者試験
・自動車免許

その職場や業界にマッチした資格を書く事が大切です。

余談ですが、私の場合は上記にプラスして、
『電卓検定 一段』を記入していました。

電卓に検定があるなんて御存知でしたか?

電卓検定なんて、なんて事のない資格ですが、
『一段』という、プロフェッショナルな響きのある級位だったため、
面接の時に話のネタになったりしました。
もともと、それが目的だったんですけどね^^
(ちなみに、一段でも自慢できる資格じゃありません)

-採用まで, 関連記事フラグ

Copyright© 第二新卒の転職テクニック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.