第二新卒の転職 関連記事フラグ

辞める前に仕事を探す

更新日:

■転職は辞める前に

転職活動はなるべく
現在の会社に働きながら活動しましょう!

現在勤めている会社が余りに多忙な時以外、
会社に働きながら活動する事をオススメします。

一度、会社を辞めてしまうと、転職活動が億劫になりがちです。
そして、活動が滞り始めると同時に将来に不安を感じるようになります。

不安を感じて、とりあえず転職先を探してそのまま転職。
結局、転職先は全然希望と違ったとう、失敗例もあるそうです。

また、企業を辞めてからブランク(仕事をしていない期間)が長いと

担当者の評価が悪くなる可能性があります。

2~3か月のブランクならそう問題ありませんが、
ブランクが空きすぎた場合、
面接の時に「このブランクの期間は何をやっていたの?」

と言われる可能性が出てきます。

もし、長くブランクを作るつもり、または何らかの理由でブランクができる場合は、
面接でブランク期間について聞かれるかもしれません。

事前にブランク期間で何をやっていたかを考えておきましょう。
ただ、何もしてない場合は
「何もしてませんでした」と答えてはいけませんので、
注意して下さい。

・資格の勉強

などがあたりさわりがないかもしれません。
ただ、結果が伴わないといけませんが・・・

 

実際、私は億劫になりました。
私は、勤めながら転職活動を行っていたため、ブランクはなかったのですが、
前の会社の有休が残っていたため有給消化しました。

約1ヶ月、有休を使って休みました。
そして、新しい会社に行く時、とても億劫になりました^^;

その時に、行く会社を決めておいてよかったと思いました。
辞めてから転職活動を行っていたら、怠けてしまっていたかも
しれません。

企業へ就職するためには、最低1ヶ月半~2ヶ月かかります

という事は、辞めてからの転職活動は、
ブランクが1ヶ月~2ヶ月空いてしまうという事ですね。
怠けてしまったら、転職先が決まるまで、もっとかかるかもしれません。

そして、転職先がうまく決まらないと、
焦りと不安がでてきます。(先ほども書きましたが)
結構それで、希望していない企業へ転職してしまう方も多いらしいです。

転職活動に焦りは禁物です!

心にゆとりを持って活動できるようにしましょう!

-第二新卒の転職, 関連記事フラグ

Copyright© 第二新卒の転職テクニック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.