第二新卒の転職 関連記事フラグ

第二新卒とは

更新日:

最初に、第二新卒とはどのような意味があるのか再確認しましょう。

第二新卒の意味は、

・第二新卒(だいにしんそつ)とは、大学や専門学校等を卒業して就職し、
短期間のうちに転職を志す者の事。

では短期間(年齢)とはどのようなものかというと、

・社会に勤めて、1~3年以内
・年齢が25歳以下

とする企業が多いそうです。

というのも実は、第二新卒の年齢に対して、明確な定義はないそうです。
ですので、25歳を超えていても、社会に勤めて1~3年以内に転職するなら
第二新卒として扱う企業もあるかもしれません。

企業が求める第二新卒とは、

・以前の勤務先で新入社員研修等を受けているので、
社会人として必要なビジネスマナー等を身に付けている。
・通常の中途採用者に比べて若く、また特定の企業文化の影響を強く受けていない。

との事です。(上記内容、wikipedia:第二新卒より引用)

実際、私が面接を受けて思った第二新卒に求めるものは、

・何ができるかより、何をしたいか
・以前の会社でちゃんと学んだ事があるか
・前向きな姿勢をちゃんと持っているか

だと感じました。

たとえばホウレンソウ(報告・連絡・相談)は、最初の研修でまず学ぶ部分です。
しかし、これができていないと「前の会社で何を得たんだ」と
思われてしまいます。

・面接の時に自己PRがまとまっていない
・話す内容につじつまが合わない
・オドオドした話し方で担当者と話す

などは、良い雰囲気に見られないのはわかりますよね。
こんな態度を出してしまうと、企業は

「こいつ、報告がちゃんとできないんじゃないか?」

「ホウレンソウもちゃんとできないだろうな。」

と思われてしまいます。

ホウレンソウもできない→ビジネスマナーが未発達となってしまい、
第二新卒を雇うメリットがひとつ消えてしまいますよね

新卒と同じスキルしか持っていなければ、
第二新卒を雇うメリットは企業にありません。

ならば、
新卒に持っていない能力を前面に見せましょう!

乱暴に言ってしまえば、能力を持っているふりでもかまいません
採用担当者に

「こいつ、社会にもまれてきてるな」

と思われればしめたものです。

第二新卒と新卒が同じ能力なら、企業は迷わず新卒を採ります。
しかし、企業は知っています。

優秀な第二新卒が、転職活動をしている事を

だから、第二新卒の求人がなくならないのです。
なので、前の会社(または、いま勤めている会社)で何を得たかを
言えることが大切なのです。

優秀な第二新卒として転職し、
転職したあとも、優秀な人材として企業に貢献できるようがんばっていきましょう!

-第二新卒の転職, 関連記事フラグ

Copyright© 第二新卒の転職テクニック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.