退職するまで 関連記事フラグ

挨拶まわり/退職メール

更新日:

■挨拶まわり

どんなに厳しい職場でもお世話になった人はいると思います。
退職するにあたって】でも書きましたが、

人間関係は辞めてからも続きます。

私は、第二新卒としての二度目の転職は、
前に勤めていた時の先輩の紹介でした。
※第二新卒者になった理由を参照

きっかけさえあれば、
ビジネスチャンスはどこにでも転がっているのです。

お世話になった人が一人や二人じゃない場合や、
異動などによって勤務先がバラバラになっている場合も
あるかと思います。

私は一日取って、挨拶まわりの日を作りました。
また、これを機会に連絡先を交換することもおすすめします。

手ぶらで雑談しに行くのも良いですが、
口実が必要なら菓子折りをもっていくと、すんなり挨拶に回れます。

■退職メール

ある程度挨拶が終わったら、退職の案内のメールを書きます。
営業の方なら、得意先に自分の連絡先を教えても良いと思います。

また、上司や同期、同僚の方々にもメールを書きます。

全員一斉送信をしても良いと思いますが、
必ずBCCを利用しましょう。

中には、誰に送られたのか見られるのを嫌がる人もいますし、
気分的にみんなに同じ文章が送られているというのは、
気分の良いものじゃありませんよね。

また、下記に退職メールの例文も書いておきます。

 

---【退職メール≪例文≫】---------------------------

○○事業部(または会社名)
各位

お疲れ様です。
○○です。

今月末で退社する事となりましたので、ご連絡いたします。
ご挨拶に伺いました時、ご不在だった方にはこのメールで失礼いたします。

本日の最終出勤日をもって、
一身上の都合により退社させて頂く事となりました。

大変短い間ではございますが、
これまで、皆様のご指導により業務を行う事ができました。
心から感謝と御礼を申し上げます。

皆様から教わった事をもとに、よりいっそう精進して参ります。

また機会がございましたら、
何卒、よろしくお願いいたします。

退職後の連絡先は以下となります。
何かございましたら、ご連絡ください。

TEL:ooo-oooo-oooo
E-mail:xxxxx@xxxxx.xx.xx

皆様の今後のご活躍をお祈り申し上げます。

------------------------------------------------------

この度、●●を退職することになりました。

皆様にはご指導、ご支援をたまわり、深く感謝を申し上げます。

退職に伴いご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、
なにとぞよろしくお願いいたします。

退職後の連絡先は以下になりますので、
なにかございましたらご連絡ください。
--
TEL:ooo-oooo-oooo
E-mail:xxxxx@xxxxx.xx.xx

皆様のご健勝と御発展を心からお祈り申し上げ、
お礼かたがたご挨拶とさせていただきます。

========

退職時期は忙しいため、
退職メールに返信があっても返せない場合があります。

その場合は一言、『返信はできませんのでご了承をお願いいたします』と
付け加えても良いと思います。

皆様の円満退社の、お力になれれば幸いです。

 

-退職するまで, 関連記事フラグ

Copyright© 第二新卒の転職テクニック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.